保険診療と自費診療

治療を希望される患者様へのお願い 

当医院では治療に入る前に次の点をお願いし、ご協力いただいております。

  1. 歯みがきを十分に行って下さい(専門家が丁寧に指導致します)。
  2. 予約制をご理解いただき,約束時間を守って下さい。
  3. 初期の虫歯や歯周病などの治療には保険で対応できますが、重症の場合、回復させるには高度な技術で十分な時間をかけ、かつ最善の材料等を使う必要があることから、保険では行えず、自費診療をお薦め致します。

当医院の保険診療と自費診療 

歯科治療には保険で行える部分と行えない部分(自費診療)があります。

  1. 初期の虫歯や歯周病などの治療には保険で対応できますが、重症の場合、回復させるには高度な技術で十分な時間をかけ、かつ最善の材料等を使うベストな方法が望ましいことから保険の枠にとらわれず、保険外=自費診療をお薦め致します。当院で早期発見,早期治療をいつもよびかけているのは、そのことによって保険内の治療も可能になる場合が多くなるからです。
  2. 重症の虫歯など保険治療では抜歯以外に方法がない場合でも、以下の ような「歯を抜かない治療」を行っています。この点は当医院の最大の特徴です。ただし、これらの治療は十分な時間、高度な技術、最善の材料などが必要なことから保険では行えず、自費診療になります。
    1. 重症の虫歯の治療
      虫歯が歯肉の下まで深く進行した重症の場合、残すことが不可能となり、抜歯して、その後、周囲の歯を大量に削って橋(ブリッジ)をかけるか取り外しの義歯にするのが一般的です。しかし、いずれの方法も周囲の歯への犠牲と負担が大きいため、当医院では重症の虫歯でも,矯正処置や外科処置など特殊な最新で保存的な方法を駆使して、歯をなるべく抜かない治療を行っています。
    2. 歯周病(歯槽膿漏しそうのうろう)の治療
      重症の歯周病でも、最新の治療方法(再生治療とよばれる技術や材料など)を活用すれば、今まで抜かれていたような歯がかなり残せるようになってきました。
    3. 歯の移植
      いかなる治療を行っても、どうしても歯を残せない場合,当医院では、不要な親知らずやゆがんで生えて、役にたっていない歯が存在するとき、必要な場所へ移して咬めるようにします。これを自家歯牙移植といいます。
    4. インプラント(人工歯根)
      さらに、移植する歯も存在しないときは、取り外しの入れ歯になることが一般的ですが、それをどうしても受け入れられない場合、インプラントで固定式にする方法があります。
 歯の移植とインプラントはともに本来の自分の歯と同様にかむことができるようになります。
 これらの治療の当医院の実例と実績に関しては,待ち合い室・本棚に備えた,多くの当医院院長自身の専門書,専門誌に掲載した論文などの資料を御覧ください。


[最新の高度な治療が保険ではできない理由]

 日本の保険制度による歯科治療費は外国の先進国に比べて10〜18倍位、低く抑えられているのが現実です.(待合室の資料をご参照下さい)。
 それでは、これだけ低い医療費でなぜ、多くの医療機関が存続しているのかといえば、質までは問われない保険制度ですから、多過ぎる患者数を診療している医院が多いためと医療経済学者は分析しています。しかし、その結果、治療後の再発が起きやすく、再治療にあまりに多くの時間と費用がかけられている事実も指摘されています。
 そこで、当医院では、治療の質を保つ目的で患者さんの数を制限し、重症の場合、保険の枠にとらわれず、時間を十分にかけて、かつ医学的に最善の方法と材料で丁寧に治療することを目的に自費診療をお薦めしております。