下地勲 著書、主要論文、講演

著書、論文は歯科医師などの専門家対象のものですが当医院待合室においてあります。
著書は全て歯科医師対象の専門書で、一般向けの本は含まれておりません。

著書 (単著)

@ 「入門・自家歯牙移植 ‐理論と臨床‐」 (1995年,永末書店)
A 「歯根膜による再生治療 ‐インプラントを考える前に‐」(1999年、医歯薬出版)
B 「月刊 下地 勲;歯はここまで残せる ‐セカンドオピニオンの実践‐」(2011年,デンタルダイヤモンド社)

著書 (編著)

@ 「歯の長期保存の臨床 ‐私はこうして歯を守る‐」(2013年,デンタルダイヤモンド増刊、デンタルダイヤモンド社)
A 「歯根膜活用術 -歯と歯列を守るための-」(編著、2011年,歯界展望別冊、医歯薬出版)
B 「自家歯牙移植の臨床像」(編著)(1996年,クインテッセンス出版)
C 「歯の移植・再植 -これから始めるために-」(2016年、医歯薬出版社)

著書 (共著)

「治癒の病理 臨床編・第3卷・歯の移植・再植」(1995年,医歯薬出版)など多数

翻訳解説

1)書籍
 「歯牙再植と移植の治療学」(共訳.著者Jens O. Andreasen,1993年,クインテッセンス出版)
2)論文(海外誌英文論文の抄訳と解説)
@ 「上顎洞挙上手術を同時に併用した自家歯牙移植」(歯界展望2013年2月号)
A 「外傷歯ののとっさの保存液は牛乳より卵白(アルブミン)」the Quintessence
2009年  原著 Dental Traumatology 2002)
B 「新付着の長期的な安定には何が重要か.GTRおよび通常の治療で得られた臨床的付着の長期的な安定性について」the Quintessence 1996;15(9):216-219.
C 「1回法チタンインプラントに生物学的幅径は存在するのか? また負荷を与えることによりそれは変化するのか? 」the Quintessence 1998;17(7):177-180.
D 「上顎切歯に置き換えた移植小臼歯の審美的結果」the Quintessence 2003;22(6): 212-214.
E 「ホープレスな歯周病罹患歯の意図的再植」the Quintessence 2003;22(9):200-201.
F 「外傷による歯根破折歯への有効な歯内療法のあり方とは.歯根中央部もしくは根尖部における破折歯への対応の長期経過から」the Quintessence 2005;24(4):188-190.
G 「歯科英文論文のエビデンスレベルは低い.外科的歯内療法の結果に関する79の選別論 文の評価.the Quintessence 2005;24(10):213-214.
H 「エムドゲインによる移植歯のアタッチメントレベルの改善」the Quintessence2006 (Dent Traumatol 2005;21:336-340, Hamamotoら)
その他多数
  

主要論文(歯科臨床誌掲載. 共著は含まれず全て単著)

学術ビデオ

 「欠損歯列をつくらない、拡大させない臨床」(2006年、GC社)

講演

1)学会での特別講演
 一般発表は省略し、特別講演、教育講演など「招聘講演」に限定
(1)「自家歯牙移植の利点 -臨床からみた歯根膜の生物学的特性-」
 第56回日本矯正歯科学会大会 教育講演(1997.9.28) (会場;国際フォーラム)
(2)「自家歯牙移植の臨床」
   第42回歯科基礎医学会 平成12年学術大会 シンポジウム(2000.10.1)
   (会場;大阪大学) (3)「Benefits of autotransplantation of teeth 」
-Biological characteristics of periodontal ligament -
korea-Japan Joint Seminar 特別講演 (2004.5.22)(会場;韓国、延世大学)
(4)「欠損歯列と自家歯牙移植」
   第114回日本補綴歯科学会 学術大会シンポジウム( 2005.10)
(5)「歯根膜による再生治療への試み」
  第27回 日本歯周外科学会 学術大会 特別講演(2009.11.21)
(6)「歯根膜による歯の再生治療-歯の移植・再植、外傷歯の臨床をとおして-」
  第15回日本口腔顎顔面外傷学会総会・学術大会 特別講演 (2011.7.16)
(7)「 Effect of periodental ligament in clinical dentistry」
  - About regenerative function -
  Gyeonggi Dental Academic Meeting & Exhibition (2011.10.23) (会場;韓国)
(8)「Autotransplantation of teeth」
  Seminar at Sweden Lund University (1997.8.3)
2)学術講演
(1)大学同窓会ポストグラデュエートコースや医局、OB会など;
   東北大学,東京医科歯科大学、東京歯科大学、日大、愛知学院大学、九州歯科大学、九州大学、松本歯科大など
(2)海外講演;スエーデン、韓国など多数
(3)国内学会特別講演;前述
(4)国際学会;GC国際歯科学会,クインテッセンス国際歯科学会など
(5)大学医局関連;東北大学歯内歯周学教室、北海道医療大学矯正学教室、日本歯科大補綴医局OB会など
(6)都道府県歯科医師会;東京都,新潟県、香川県、沖縄県などの歯科医学会多数
(7)市歯科医師会;名古屋市,岡山市、川崎市、富山市など全国で多数
(8)都内 区・支部歯科医師会;新宿、台東、目黒、京橋など都内多数
(9)都内多摩地区歯科医師会;調布、国立、武蔵小金井、立川など同地区多数
(10)スタディグループ;包括歯科医療研究会,CDC研究会、バイオプログレッシブ、NIMF会、救歯会など多数
(11)日本口腔インプラント学会のインプラント100時間コース指定研修施設=九州インプラント研究会、新潟再生歯科医療研究会などで毎年講義.インプラント専門医の資格取得者を指導.
(12)臨床セミナー;臨床基本ゼミ、O'tama会などで毎年講演
(13)歯科メーカー;GC,松風主催講演会、臨床講座などをはじめ多くのメーカー講演会
(14)歯科保険医協会;東京都,大阪府、神奈川県、岐阜県などで多数講演
(15) 歯科大学同窓会東京支部;九州歯科大支部、松本歯科大支部、東京歯科大新宿支部、東京医科歯科大学回生別、など多数
(16)医科関係;東北大学東京支部医歯薬3師会,東北大学東京支部医学部女医会で講演